准看護師と正看護師の違い

准看護師と正看護師の違い - 転職をしたい准看護師の方へ

転職をしたい准看護師の方へ

准看護師と正看護師の違い

医療の現場で毎日忙しく働く看護師さんには実に2種類のタイプがいることを皆さんはご存じだったでしょうか。
まずその一つは「准看護師」というものですね。
彼らは都道府県知事から免許をもらって活動している看護師さんたちです。
もう一つは「正看護師」と呼ばれる人たちでしょう。
彼らの資格というのは国家資格なのでまずこのような違いというものがあります。

一見すると病院で同じような仕事をしているように見える彼等ですが、実はもっと明確な違いというものが存在するんです。
正看護師さんは自分の判断によってより「主体的に」看護を行うことができます。
その一方で准看護師さんというのはあくまでも「医師」や「正看護師」さんの指示によってのみ看護活動を行うことができるのです。

これはある意味「当然」ということができるかもしれませんね。
看護学校で学ぶ期間も正看護師さんの方が長いですし、その知識量もやはり格段に准看護師さんよりも多いからです。
このような差は一般的には「給与」などの形で表れてきます。
もちろん、准看護師さんの中にも経験豊かでかなりの金額を稼いでいる人もいますが、やはり初任給などを考えると正看護師さんの方が待遇が良いと考えることができます。
また「昇格」という部分でもある程度の違いが生まれてきます。
例えば看護師長というのは看護師さんの「責任者」ですから、准看護師がそのポストになることは難しいといえます。
中には准看護師としてキャリアをスタートさせ、その後に正看護師さんになるというパターンもよくみられますね。

しかしこの人手不足の医療の世界で准看護師さんに対する需要が無くなるというのはまだまだ考えられない事です。
もしこれから看護師さんを目指そうという場合には、自分が正看護師を目指すのかそれとも准看護師になるのかということを事前にしっかりと考えておくのはとても重要なことですね。
ぜひ自分自身でも色んな違いやキャリアの詳細というものを調べてみるといいでしょう。
そうすることで必ず将来性というものは見えてくるはずです。