准看護師にできること、できないこと

准看護師にできること、できないこと - 転職をしたい准看護師の方へ

転職をしたい准看護師の方へ

准看護師にできること、できないこと

皆さんは一言で看護師といっても実に二つの種類があることはご存知でしたか。
つまり准看護師さんか正看護師さんかということです。
今日は少しこの准看護師さんのことを一緒に考えてみましょう。
准看護師さんのできること、また逆にできないことというのはいったいなんでしょうか。

基本的に准看護師さんが医療の現場で行うことというのはほとんど正看護師さんと「違いはない」と言われています。
つまり実際の現場では肩書きというものは気にせずに色んな仕事を行うことが求められるのです。
しかし法律の面で厳密に言うと、この准看護師さんにはあくまでも医療行為をする上での「指示者」というものが必要です。
つまり勝手に自分で医療行為をしていくのではなく、お医者さんや正看護師さんに「指示されて」行うということが大前提となるわけです。
これは非常に興味深い点ではないでしょうか。
しかし患者さんの観点で考えると准看護師か正看護師かということはあまり関係ないのです。
ですからしっかりと責任をもって毎日の仕事を行っていく必要がありますね。

准看護師さんの医療行為に常に「指示者」が必要であるということを考えるとやはり現場での責任者、つまり看護師長などになることなどはとても難しくなることでしょう。
ですから将来的にそのようなキャリアを重ねたいと思うのであれば、しっかりと正看護師さんの資格取得なども考えてみるのはいかがでしょうか。
また准看護師さんを必要としているのは決して病院だけではありません。
介護での現場での求人というものもこの数年非常に伸びてきているのです。
このような介護施設では医療行為と共に、身の回りの世話などの仕事がかなりのウェイトを占めるようになってきていますのでもちろん彼らが輝ける職場であるということができます。

さらに訪問介護などで活躍する准看護師さんもいます。
この分野でもできることが沢山あるので、給与もよく看護師さんの間で最近人気が上がっている職種であるということができます。
ぜひこのような点で色々試してみるのはいかがでしょうか。